プロトピックは今すぐゴミ箱へ!プロトピックの効果や副作用、使い方についてまとめました

asuterasu-photo-prt-1

アトピーになった場合、ほぼ90%以上の確率で病院から渡されるのがプロトピックです。

私も最初はプロトピックの事も何も知らず、とりあえずステロイドよりは良いだろうという思い込みがあり、病院で「ステロイド入りのクリーム出しておきましょうか」と言われた時に、「ステロイドが入っていないクリームでお願いします」と言って、その後に出されていたのがプロトピックでした。

続きを読む

アトピーで石鹸をやめたら20日で肌がスベスベに!

アトピー 石鹸

アトピーがひどい時はお風呂にも入るのを控えてシャワーだけで後は石鹸も要らないという話をしましたがいくつかメッセージを頂きましたのでちょっと補足させて頂きます。

上記でも書いたのですが、アトピーがひどい時は石鹸を使う意味は全くありません。肌が汚れていて垢がたくさんという場合は別ですがアトピーの場合肌が傷ついているのでお湯で流すだけで十分です。

続きを読む

アトピーは遺伝しない!予防方法や確率0%にする方法を公開します。

アトピー 遺伝

アトピーは遺伝すると一般的には言われていますが、アトピー自体は遺伝しません。だからあなたがアトピーだから赤ちゃんにもアトピーが遺伝するというのは大きな間違いです。

ただし、親と同じ遺伝子を持って生まれているのでアトピーが発生しやすい状況にはありますが、これはその後に赤ちゃんがどういった生活を送るのか?

続きを読む

アトピーの痒みを減らすお風呂の入り方

アトピー お風呂

アトピーの人にとって一番の恐怖。
それはお風呂です。

私自身もそうだったのですが、お風呂に入った時は傷口に水がしみり痛く、そしてお風呂に入った後は身体中がおかしくなったように全身を痒みが襲いました。傷口でかさぶたになっている部分でさえも痒くてどんどん掻いてしまう。血が出てきてもそれでも痒くて掻くのを我慢できなかったのを覚えています。

続きを読む

大人のアトピー症状の原因の8割はストレスが原因だった

アトピー ストレス

大人になってからのアトピーは非常に治りにくいと言われています。

私自身は大人になってからのアトピーで完治までに2年掛かりましたが、一部の病院やメディアでは、「大人のアトピー完治しないので、上手につきあっていく方法を模索しましょう」といった事を言っているのをよく目にします。

しかしこれって前回の記事でも書いたように「医者が何も知らない」だけであって、治らないアトピーというのはこの世には存在しません

そもそも病気というのは、身体の中のどこかに原因があってそれを知らせるために身体がそういう形で反応を出してくれているだけです。

つまり、きちんと改善すれば必ず治ります。

大人になってからのアトピーの原因は、8割がストレスによる原因です。

このストレスという定義が曖昧で簡単には言い表せないのですが、
ストレスには大きく分けて4種類に分かれます。

精神的ストレス

アトピー ストレス

多くの人に当てはまるのがこの精神的ストレスで「嫌だなぁ」という思っている時にはこのストレスが起こっています。これは人間関係やちょっとした些細な事、職場での関係や家族なんでも当てはまります。

構造的ストレス

アトピー ストレス

これは身体のゆがみによるストレスであり、人間は普通に生活しているだけでもちょっとした事で身体にゆがみが生じて、それが原因で精神的ストレスになる場合も多いです。

だから本来であれば、月に1度程度の整体などは行なった方がいいとも言われています。

化学的ストレス

アトピー ストレス

化学的ストレスとは栄養素の不足などによるストレスです。栄養素などが不足しているとそれが脳に伝わり、気づかない部分の潜在意識下でストレスが起こります。

温度と湿度のストレス

アトピー ストレス

暑すぎたり寒すぎたり快適な温度ではない場合、人の身体というのは緊張したりいつもとは違った部分に意識を向けなければいけないので、それがストレスとなって生まれます。

主に上記の4つがストレスとしてあげられますが、アトピーの場合は上記によるストレスの影響が非常に大きいです。

特に自分のストレスがどれぐらいあるのか実は気づいていない部分で大きくストレスを感じている時がありますので下記15個のうち何個当てはまりますか?

  • 勉強したいことがあるが、集中・持続できない。
  • 大事な時なのに、緊張して困ることがある。
  • やるべき事があるのに、よくなまけてしまう。
  • 人間関係のストレスがある
  • 不安が続いて、精神的に疲労する事がある。
  • 自分は、人から好かれない方だと思う。
  • 今の逆境をのりこえたい。
  • 憂うつな気分からぬけられない時がある。
  • 勉強や仕事の効率が悪いと思う。
  • 自分は、ささいな事でも不安を感じやすい方だ。
  • 最近、仕事で無理をしている
  • もっと高度な事もこなせる脳になりたい。
  • 最近、疲労が溜まっている。
  • 朝、起きられなくて困っている。
  • 緊張、あせり等を感じて困る。

この中で5個以上当てはまる場合はストレスを感じていますので、そのストレスを解消する方法をきちんと見つけないとアトピーが完治してもまた再発してしまう可能性があります。

ストレス解消方法は人によって異なり、私の場合であれば運動や旅行などなのですが、まだよく自分のストレス解消法が分からないという場合は、アトピーは腸内マッサージで治る!?を読んでみてください。

結局はストレスは内臓に伝わり、そこからアトピーが発症するという事なので、腸内のマッサージさえちゃんと行えていれば事前に防ぐ事も可能です。

あと、ストレスを感じている時の呼吸に注目してみてください。

実はストレスの負荷が掛かっている時って呼吸が浅くなり、あまり呼吸をしていない場合が多いです。

だから普段から「嫌だなぁ…」と感じた時はまず深呼吸してみるという習慣をを付けてみてください。

意外にこの深呼吸する事で気持ちが落ち着き、良い循環になりますのでまずはひとつひとつ改善していって下さいね。

アトピーはあなたの身体が異常を感じた結果です。今のままの生活をしていたらアトピーよりもひどい病気になるいうお告げなので、自分の身体・精神と付き合っていくためにも自分が普段何にストレスを感じてるのか?この部分はきちんと検証してみてくださいね

アトピー完治への道!医者がひた隠しにしてきたアトピーの真実!

アトピー 医者

アトピーになった場合、通常皮膚科に行くかと思いますが、どこの皮膚科に行っても結局は「あ、アトピーですね。ではステロイドの薬を塗ってくださいね」で終わります。

私自身も日本国内で20以上の皮膚科や病院へ行きましたがどこに行っても同じ結果でほとんど同じ薬を出されました。なぜどこに行っても同じ診断結果しかでないかと言えば…

それは、医者が「アトピーの病気の本質を知らない」からです。

考えてみてください。

皮膚病だけでも何百種類もあるのにすべてを知ってる医者がいると思いますか?(もちろん中にはアトピーの名医というのもいますのでこれについてはまた今後公開させて頂きます)

大体の医者は今までの経験や学会で学んだ経験しかなくアトピーに自分がなった事もないので、薬を出しておけば治るだろうと思っているのです。もちろん医者はビジネスなので出来るだけたくさん薬を勝ってもらってリピートした方が儲かるのですぐには治さないという悪どい医者もいます。

これは既にいくつかの皮膚科に行った人であれば十分分かっている事だと思います。

そして日本の普通の西洋医学ではアトピーは表面上に治っても完治には至りません。

私自身がそうだったのですが結局25歳までに2回発症して薬で無理やり押さえてきたからこそ25歳で一気にアトピーの症状が悪化しました、首を中心に腕も真っ赤かになり、傷だらけ。そして傷の表面を治すため液の匂いがいつもしていました。

遠回りせずに最短でアトピーを治して下さい

アトピー 完治

そんな私でも正しいアトピーの治療方法をする事でわずか3ヶ月で完治に至りました

あなたはこの事実を既に知っているので、遠回りする必要はありません。

まずは、下記のページをしっかりと読み込んで下さい。

アトピーに良い食べ物と悪い食べ物!これを知るだけでもアトピーが治りだす!
アトピーは腸内マッサージで治る!?

そしてその上で自分にあった治療方法を選んで下さい。

やり方はとても単純ですし、全く難しくありません。
誰でもできます。

実際に、12年間アトピーが治らなかった女性の方も、
この方法を実践する事で、
わずか3ヶ月ほどでほぼ完治する事が出来ました。

今までアトピーで悩んでいたのが3ヶ月ほどきっちりと実践して頂ければ、あなたも必ず元通りの肌になり、アトピーの症状が改善しますので、まずはしっかりと焦らずに実践して下さい。

アトピーは腸内マッサージで治る!?

アトピー 腸内マッサージ

アトピーと言えば慢性的な痒みが出ることが多く、私も25歳にアトピーになった時に最初に首が痒いと思って掻いていたらだんだん痒みが増してきて気づいてたらアトピーが再発していました。

しかも首というのは服や布団で寝る時でもよく肌に付く場所なので1度痒くなったら痒みが止まらなくなります。本当に辛くてなんで自分だけこんな目にあっているんだ…って夜に何度も泣いた事もありました。

結局夜は痒みがおさまらないので、夜痒くてどうしても寝れない時にオススメの3つの対策をしながら過ごしていましたが、ふとある時に、腸がアトピーの原因だということを理解して、そこから身体の中から治しつつ、さらに外も合わせて治療したところどんどん痒みが減っていきました。

結局はストレスがすべての原因でした。

ストレス アトピー

ストレスによって腸の機能が低下

食べ物を消化する力が弱くなる

消化できない物質が肌に逆流して、痒みの元となる

という感じです。

この痒みが発症する場所は、人それぞれ異なりその人の弱い部分に症状が現れます。私の場合は首の皮膚が弱かったみたいで首に一気に痒みが出てきたと後で知りました。

だから今アトピーで痒みが我慢できない人は、身体の内部からも治しつつ、外からも治す治療が最も有効です。具体的には腸のあたりに手を置くだけでも大丈夫ですが、それに加えて優しく腸を揉む事で腸が活性化します。

そしてこれを1日3回リラックスした状態で続けて下さい。

腸マッサージについては下記の本がオススメです。

1週間ほどで効果が出てきますが、今の痒みの症状がひどい人は好転反応と言って今まで溜まっていた悪い物質がすべて出てきてより痒くなる場合もありますが、それでも腸のマッサージはやめないで下さい。

身体の内部が治ればあとは完治に向けて肌の外側にもステロイドクリームを塗って治すのがオススメです。(出来ればステロイドは使わない方がいいです)

私も結局2年続いたアトピーを上記の方法で完治させました。

今も少しストレスが溜まると痒みが出る場合があるのですが、今は腸内マッサージという方法も手に入れたので「あ、もうすぐやばいな…」という時には腸内マッサージをシてアトピーを防げるようになっています。

この手法は、大人だけではなく子供にも対応可能な方法なので、お子さんがいる場合は子供のお腹を毎日優しくマッサージして揚げて下さいね。

アトピーの食事改善の際に必須!自分の身体が丸裸になるアレルギー検査

アトピー アレルギー検査

アトピーになった時には身体の中からの治療と外からの治療の2つが大切なのですが、食事に関しては前回(アトピーに良い食べ物と悪い食べ物!これを知るだけでもアトピーが治りだす!)お話しさせて頂きましたが、実はこのアトピーに悪いとは思えない食事でもその人にとっては有害という食べ物があります。

私も最初はなんで粗食しか食べていないのに

それでも身体の痒みが止まらないんだ。。

と何度も悩み結局腸内洗浄をしたり、
腸内のマッサージに通ったりしましたが治らず、
最後に分かったのが食物アレルギーでした。

食物アレルギーの食べ物を食べてしまうと身体に痒みだけではなく
ひどい人では心臓発作になったりもします。

今まで食べていた食べ物でもアトピーになる事で
以前までは大丈夫だった食事でもダメになるという場合が多い
です。

知らず知らずのうちにアレルギーになってしまう場合

蛯 アレルギー

私の場合は、アレルギー検査で数値が高かったのが「蛯」でした。

最初は食べた食事すべての材料を書き出し、
痒みがひどかった日の食べ物をピックアップしたのですが、
結局分からず、病院で始めて調べて「蛯」がダメだと分かりました。

蛯は子供の頃からよく食べていたのですが、
まさか自分が蛯でアレルギーを引き起こし、
それでアトピーが悪化するなんて事は思いもしなかったです。

だから、あなたも既に食事制限をされているのに
それでも痒みが止まらない場合は、
ぜひアレルギー検査を受けて下さい。

5000円以下で受けれるアレルギー検査

今であればどこの病院でも
アレルギー検査を受ける事が出来ますし、
食事アレルギーだけではなく、
ダニや花粉、動物アレルギーなど様々な
アレルギーについて理解する事が出来ます。

ちなみに料金は普通の病院であれば5000円以下で受ける事が可能です。

私はMAST-33という優先度の高い33項目を一度に調べる検査を受けました。

調べれる内容は下記のような感じです。

MAST-33検査

コナヒョウダニ、ハウスダスト1、ネコのフケ、イヌのフケ、オオアワガエリ、ハルガヤ、カモガヤ、ブタクサ混合物、ヨモギ、スギ、ヒノキ、ハンノキ、シラカンバ、ペニシリウム、クラドスポリウム、カンジダ、アルテルナリア、アスペルギルス、ラテックス、ソバ、小麦、ピーナッツ、大豆、米、マグロ、サケ、エビ、カニ、チェダーチーズ、ミルク、牛肉、鶏肉、卵白

方法は、指先から血液を採取して調べるだけなので、
検査自体は5分も掛かりません。

また結果も早いところであれば20分程度で検査結果も出ます。

アトピーも結局はどうやって自分の身体を向き合っていくか?

が大事です。

自分の身体は自分が一番分かっているようで、
見えない部分ではわからない部分も多いので、
ぜひ早めにアレルギー検査はしてみてください。

アトピーに良い食べ物と悪い食べ物!これを知るだけでもアトピーが治りだす!

アトピー 食事

アトピーになった場合、
表面的な皮膚の状態が気になる事が多いのですが、
表面だけではなく身体の内部から治すのも大事です。

そこで大事なのが、
何を食べるかです。

基本的には自然食と言われる食べ物は大事なのですが、
これだけは食べないで欲しい食べ物は、、

コンビニのパンです。

コンビニのパンは安いし美味しいのですが、実はコンビニパンはふっくとした触感を持続させるために大量の保存剤が使われています。

この保存剤の一部は既に他の国では禁止なのに日本では利権などの関係もあり、今もまだ使っている工場が多いのが現状です。

私もアトピー中でもパンぐらいだったら大丈夫だろう。

という気持ちでよく利用していたのですが、今はもう気持ち悪くて食べられません。

パンについてだけでまだまだ話せるのですが、簡単に言うと、アトピーは腸の状態が悪くなっているので、そこに保存剤たっぷりのパンが入ってきたらどうなるか分かりますか?

通常のパンであれば、そのまま腸内の微生物によって処理されるのですが、保存剤たっぷりのパンは異物と見なされて普通の微生物では処理できない状態です。

そこで登場するのが悪玉菌と呼ばれる微生物で、彼らは通常処理出来ないモノを処理します。

普通ではない状態が腸の中でも続くので、その状態が肌にも出てきます。

簡単に言えば、この悪玉菌が出て来て腸内が悪化した状態がアトピーです。

なので、この悪玉菌が出てこない食べ物を食べる必要があります。

通常の身体であればちょっとぐらいは食べても問題がないのですが、アトピーの人の腸は既に荒れている状態なので、そういった食べ物を食べ続けていると、アトピーの治りも悪くなりますし、場合のよってはさらに悪化する場合もあります。

加工食品やレトルト商品、そういうものは食べない方がいいです。

逆に以前から人間が食べていた、

野菜や果物、お米。

こういった物をたくさん食べるようにして下さい。

そうすると、自然と腸の中でも良い微生物が増えて、腸内環境も良くなりアトピーも良くなるという形になっています。

この食べ物はダメ、この食べ物は大丈夫というのはひとまず下記を参考にして下さい。

アトピーの際に食べても大丈夫な食べ物

●大丈夫な食べ物

ハトムギ、緑豆、トマト、なす、胡瓜、冬瓜、スイカ、さや、いんげん、空豆、苦瓜、菊花、ミョウガ葉野菜(小松菜、チンゲン菜、大根葉、水菜、菊名、白菜等)豆腐、豆乳、納豆、甘酒、うどん、そうめん、ワカメ、のり、タケノコ、柑橘類の果物(日本製のもの)酢、レンズ豆、ヒヨコ豆、梅干し、大根おろし、酢のもの、春の野草、ネギ、ショウガ、干しシイタケ、炭酸水

あと、個人的に良かったのが、お茶ヨーグルトでした。
↑こちらは個人的に差があるので、試してみて痒みが増えたりする場合は辞めた方がいいです。

アトピーの際に食べてはダメな食べ物

ダメな食べ物

油物(フライ・てんぷら・スナック菓子等)、卵、牛乳、乳製品(チーズ・バター・ヨーグルト等)、肉類、小麦粉(パン・パスタ・麺類等)、プロティンといった、要するに高タンパク・高脂肪な食べ物、コンビニに置いているご飯類、肉類やチーズ等を含む動物性食品全般、ナッツ類、油もの(ドレッシングやマヨネーズも含む)、揚げもの、塩分、スナック菓子、焼いた小麦粉製品(パン、クッキー、クラッカー、マフィン、ピザ、ナン等)、砂糖、アルコール、科学調味料、添加物、薬…等

またその他で要注意な物がコンビニ・スーパー等の惣菜・弁当等を含んだ外食です。

なぜダメなのかは感覚的には分かる人も多いかと思いますが、

このカテゴリーのだれしもが指摘していますが、「トランス脂肪酸」「酸化油」「化学合成添加物」「死栄養食品」を回避するためです。欧米では、某有名バーガーチェーンでさえも「トランス脂肪酸」は使用しないようになりました。ですが、日本の同じ某有名バーガーチェーンでは今なお、使用されています。その他のファストフード的居酒屋・ファミレス等でも揚げ物に使用されています。とにかく「工場製食品」は栄養素のほとんどが死に絶え、死に絶えた味を再現するための化学合成物にまみれているものが多く見られます。

という理由からです。

これ以外にもありますが、
それはまた後々記載させて頂きます。

食べ物を変えれば体質も変わりますので、
しっかりと食べ物の管理はするようにしてください。

夜痒くてどうしても寝れない時にオススメの3つの対策

アトピー 夜寝れない

アトピーの痒みはお風呂を上がって寝る前が一番痒くなる事が多いです。

私自身もお風呂を上がった後に痒くなり、しばらくするとその痒みはおさまるのですが、いざ寝ようとした時にまた痒さがぶり返してくる事がよくありました。

そんな夜痒くて眠れない時にどうすればいいか?色々工夫しながら試してたどり着いた結果は下記の3つでした。

服を全部脱ぐ

flickerflicker

私の場合、アトピーの痒みは布団に入った時から起こっていたので最初は身につけているモノがダメなのでは?と思って服を全部脱いでいましたが、しばらくすると、布団が肌に当たってまた痒みが始まりました。

だから最終的には裸で布団もかぶらずお腹にだけタオルを掛けて寝た事が何度もあります。

しかし、これは身体にはよくないのであまりおすすめは出来ません。

薬を縫ったり、水のタオルを使用する

アトピー タオルを首に

私が一番痒みのある場所が首だったので痒くなった時には、タオルに水をひたして首に巻いて寝ていました。

タオルを冷たい水と熱いお湯で濡らして何度か首に巻いてみたのですが、熱いお湯は覚めた時にまた痒くなってくるのと肌を刺激してしまうのであまりおすすめは出来ません。

タオルを濡らして肌に直接当てる場合は少し冷たいぐらいの水で行うのがオススメです。

症状がひどい時にはその後薬を縫ったりもしていました。

結局、アトピーの時は、肌が炎症を起こしているので少し冷やしてあげて、そこに薬を塗るのが一番良かったです。

手順としては、

1.タオルで冷やす
2.薬を塗る
3.ティッシュを巻く

という感じです。

映画やドラマを見る

アトピー 映画

上記方法を試しても何をやっても痒くて寝れない時もありました。

その時は諦めて死にそうに眠くなるまで寝ないでずっと映画を見ていました。

映画の方に集中するから痒みを忘れて…という事が度々あり、この時からあれ?アトピーってなんだろう。。って真剣に考えるようになりました。

眠さと痒さでは眠さの方が強いので痒くて寝れないというのは時にはオススメです。

ただ、上記のような生活をしていたら、昼間に眠くなるのですが、昼間は痒みも少なくよく眠れる事が多かったです。

このあたりは体内のホルモンの関係などもあるので詳しくは記載しませんが、人間はリラックスした時に、緊張感がとけて今まで意識しなかった痒みが出てきます。

なので、夜の方が痒くなる人が多いです。

まとめ

私自身、一番ひどい時には首に薬を縫って裸での格好で寝た事も何度もあります。

結局、色々試した結果上記の方法に落ち着きましたが、あなたにとっての最善の方法があるかと思いますので、色々試してみてください。

また他にも効果があった方法などありましたらぜひコメントなどに書き込んで頂ければ幸いです。