アトピーは腸内マッサージで治る!?

      2015/07/13

アトピー 腸内マッサージ

アトピーと言えば慢性的な痒みが出ることが多く、私も25歳にアトピーになった時に最初に首が痒いと思って掻いていたらだんだん痒みが増してきて気づいてたらアトピーが再発していました。

しかも首というのは服や布団で寝る時でもよく肌に付く場所なので1度痒くなったら痒みが止まらなくなります。本当に辛くてなんで自分だけこんな目にあっているんだ…って夜に何度も泣いた事もありました。

結局夜は痒みがおさまらないので、夜痒くてどうしても寝れない時にオススメの3つの対策をしながら過ごしていましたが、ふとある時に、腸がアトピーの原因だということを理解して、そこから身体の中から治しつつ、さらに外も合わせて治療したところどんどん痒みが減っていきました。

結局はストレスがすべての原因でした。

ストレス アトピー

ストレスによって腸の機能が低下

食べ物を消化する力が弱くなる

消化できない物質が肌に逆流して、痒みの元となる

という感じです。

この痒みが発症する場所は、人それぞれ異なりその人の弱い部分に症状が現れます。私の場合は首の皮膚が弱かったみたいで首に一気に痒みが出てきたと後で知りました。

だから今アトピーで痒みが我慢できない人は、身体の内部からも治しつつ、外からも治す治療が最も有効です。具体的には腸のあたりに手を置くだけでも大丈夫ですが、それに加えて優しく腸を揉む事で腸が活性化します。

そしてこれを1日3回リラックスした状態で続けて下さい。

腸マッサージについては下記の本がオススメです。

1週間ほどで効果が出てきますが、今の痒みの症状がひどい人は好転反応と言って今まで溜まっていた悪い物質がすべて出てきてより痒くなる場合もありますが、それでも腸のマッサージはやめないで下さい。

身体の内部が治ればあとは完治に向けて肌の外側にもステロイドクリームを塗って治すのがオススメです。(出来ればステロイドは使わない方がいいです)

私も結局2年続いたアトピーを上記の方法で完治させました。

今も少しストレスが溜まると痒みが出る場合があるのですが、今は腸内マッサージという方法も手に入れたので「あ、もうすぐやばいな…」という時には腸内マッサージをシてアトピーを防げるようになっています。

この手法は、大人だけではなく子供にも対応可能な方法なので、お子さんがいる場合は子供のお腹を毎日優しくマッサージして揚げて下さいね。